So-net無料ブログ作成
検索選択

戦争をする時がやっときた

 戦争は絶対いけない。
絶体してはならない。

 といって、特攻隊攻撃を称賛し、太平洋戦争を肯定している、
 鶉野ミージイジアムつくろうとしている、戦争時皇国少年だった大人たち
よ、

貴方がたが待ちに待っていた、戦争が目前にやってきました。
いまや、地震よりも、北ミサイル等の攻撃に国民は対処する必要があると、マスコミが声高くいっています。政府の意向をふまえて。

アメリカの盾に、日本国民はならなければなりません。
アメリカを守るために。鬼畜米兵といって戦っていた時代があったが。

加西市のどれだけの多くの兵士が、太平洋戦争等で亡くなっているか。
貧しさゆえに家族のために兵士になったり、多くの家族を残して赤紙で兵士になったり・・・・・・・・、加西市の兵士を顕彰せずして、市外の方々を多額の市民税を使って称えることは、市民の遺族として納得がいきません。

子供たちに 時間がない! [戦争兵器より 薬を!]

子供たちには 時間がありません

・1日100円 1ケ月3000円 あなたのご寄付で
飢えで命を落としている世界の多くの子供たちが救われます
・6年を経過した東日本大震災 自分たちの街づくりをめざして
がんばっている方々にとって、お金がなくて思うような街づく
りができない

特高鯛を称賛し、先の戦争を工程する、旧渦羅乃非行上跡に、
“先頭木のレプリカ”を、市民の財産である甲斐がの収入と
市民の血税を持って 作成展示する方々達
この多額の費用が 
多くの飢えに苦しむ世界の子供たちの命が救える!
東北の皆さんへの復興に大きな力になる!

加西の新しい情報誌 ”前へ”

加西から 日本の
未来について 情報を提供します。